俺の島流しプロレス生活:富士原涼

新日本プロレスについての記事が主ですがインディー含めプロレス”界”について時にこってり話します。

獣神サンダー・ライガーvs鈴木みのる・・・二人の最後のストーリーは泣けてくる|新日本プロレス

神サンダー・ライガーvs鈴木みのる・・・二人の最後のストーリーは泣けてくる|新日本プロレス

 

なんだろう・・・

 

すごい感情になった・・・

 

正直、このレスリングどんたくシリーズ、ちょっと期待はさほどしていなかったんです。

 

カード的にもね。

 

まー、普通に面白いと感じながら観ていましたよ。

 

けど飛び飛びで観ていたんです。

 

私ごとだけど、来月に控えた大阪から札幌の移住の準備とかでちょっとずつ忙しくなっていってまして、ちょっといつもよりかは熱が無い状態でした。

 

あー、もしかしたらこのまま飽きてしまうのかなーなんて思ったりね・・・。

 

けど4月24日の後楽園ホール大会は(富士原的には)久々に頭から最後まで観れたんです。

 

「獣神サンダー・ライガーデビュー30周年記念試合」・・・

 

すごい感情になった・・・

 

泣きましたね、泣いた。

 

 

 

 

お互いに「許せないもの」「譲れないもの」をぶつけ合っている。

 

富士原は鈴木みのるの「ケンカのようなプロレス」 も、ライガーの「マスクマンプロレス」もどちらも大好きな「プロレス」だと思っている。

 

そんな都合の良いことをキャリア30年を超えたプロレスラー二人が許さなかった。

 

マジのホンネをリング上、バックステージで思いっきりぶつけてきた。

 

大の大人がマジのホンネを恥ずかしげもなく大声で・・・

 

アナタなら出来ますか?

 

富士原は出来ない・・・。

 

自分の【マジのホンネ】ってなんなんだろうって。

 

揺さぶられましたね・・・。

 

獣神サンダー・ライガーvs鈴木みのるの最後は大阪城!?

 

そういえば鈴木みのるもライガーもここまでガッチリ喋ったの、久しぶりなんじゃ無いかな?

 

どこか嬉しそうにも見えたよね・・・。

 

「あれ」から17年か・・・。

 

2002年11月30日のパンクラスでの対戦、「あれ」がなければ〜プロレス界に【たら・れば】は厳禁ですが〜「鈴木みのる」という「プロレスラー」が居ないんですから。

 

その事実だけでもやっぱライガーさんは偉大なんです。

 

そしてこのタイミングで始まった抗争。

 

舞台は大阪城ホールしか無いでしょう。

 

新日本プロレスで「超党派」を

 

二人の一騎打ちの後、共闘を願うのは私だけじゃ無いはず。

 

今の新日本プロレス、もはやこの二人だけなんです。「昭和」を経験しているレスラーが。

 

ライガーが2020年の1月東京ドームで引退を表明している。鈴木みのるもバリバリ出来るのはそうそう長く無いはず。

 

残り少ない時間を・・・ずっと同じ時間を共有した仲として有意義な時間を過ごしてほしいと思う。

 

新日本プロレスで「超党派」。かつて全日本マットで実現させた鈴木みのるならやってくれると信じている。ユニット編成がここ数年停滞気味の新日本マットに大きなうねりを作ってくれそうだ。

 

最後に

 

私は今週末、移住前に最後 祖母はじめ親戚に会ってくるんだけど、地理的にも時間的にもこれが最後になるだろうという人も多い。

 

特に何か大きなことをするわけじゃ無いけど・・・しっかりと感謝の気持ちは伝えて帰ろうと思ってて。

 

なんかそれも含めてこの二人のやりとりは泣けてきましたね。

 

良いものが観れた。

 

新日本プロレス、飽きるにはまだちょっと早いみたいだ。

 

では、ありがとうございました。

 

 

© fujiharaarmber