俺の島流しプロレス生活:富士原涼

新日本プロレスについての記事が主ですがインディー含めプロレス”界”について時にこってり話します。

田口隆祐、テーマが無いのに絶好調!!いざタイチ戦へ!|新日本プロレス

口隆祐、テーマが無いのに絶好調!!いざタイチ戦へ!|新日本プロレス

 

「タイチ、このシリーズ、ベルトに挑戦するんだろ? ベルト獲って来いよ! ベルト獲って来いよ! 「タカタイチマニア」のメインでベルト懸けてくれよ! 挑戦してやるよ!」

 

4月13日 つくばカピオアリーナ大会での田口隆祐の試合後コメント・・・

 

素直にカッコよかった・・・

 

これが田口隆祐の【素】の部分なのか?どうなのか?はわからないけど、ここ数年の下ネタ寄りのコメントとは打って変わった感じ、これも素晴らしいですね。

 

まぁ、シリーズその後のコメントは若干いつもの田口隆祐に戻ってしまいましたがwww

 

それにしても・・・

 

田口隆祐がしきりに言う「今シリーズはテーマが無い」。

 

わかりやすい。このようなコメントを残す・・・これは全く内藤哲也と同じだと思いませんか?

 

「テーマが無いこと」を自覚している、と言うことは・・・

 

わかりますよね?

 

田口隆祐はかなり周りが見えている、ということ。

 

あくまでテーマが無いのは「今シリーズは」と言っているんですよね。

 

4月22日 後楽園ホールにおけるトンガン兄弟トリオを挑戦者に迎えたNEVER無差別級6人タッグ選手権試合があるのは本人も言っっているように確かに忘れていたが、この試合は4月29日 グランメッセ熊本でのIWGPタッグ選手権試合・G.O.Dvs真壁刀義&矢野通の前哨戦の意味合いが強い。

 

このNEVER無差別級6人タッグ戦ではあまり大きな活躍は期待できないでしょう。「周りが見えている」監督のことだから。

 

かなりイイ動きは見せてくれるとは思いますが・・・

 

あっ!!イイ動きと言えば、今シリーズの田口隆祐の動きが素晴らしいと思いませんか?

 

 

IWGPヘビー級前王者であるジェイ・ホワイトと対峙したさいにも会場を大いに湧かせていました!!

 

まさに【絶好調】。

 

やはり先のニュージャパンカップにおける無差別級の闘いに「何か」を見出したと思うんですよね・・・

 

ふふふ。

 

富士原は田口隆祐の無差別級戦線参入は大賛成だから。

 

ヘビーでもインターコンチネンタルでもジュニアでも見れない【無差別級】の闘い・・・前NEVER無差別級王者のウィル・オスプレイがその可能性を広げてくれましたからね!

 

本人は今シリーズのカードを見る限りジュニアヘビー級の枠にはいない。

 

やはり5月7日 後楽園ホールでのタカタイチマニアでのタイチ戦・・・

 

5月3日 福岡国際センターでのジェフ・コブvsタイチのタイトルマッチがまだ前哨戦が始まっていないので読めないが、ぜひこのタイチvs田口がNEVER無差別級タイトルマッチになってほしい!!

 

期待したい。

 

大事なのは見た目

 

ところで田口隆祐、今シリーズからなんか変わったの気づきませんでしたか?

 

どうですか?

 

 

 

・・・髪型。

 

田口隆祐の髪型ですよ。

 

これまで、逆にどこで切ってたの?ってくらい無特徴な髪型だったのに・・・

 

なんか横を刈り上げてさっぱりしてて・・・

 

そう、なんと言うか、

 

カッコよくなってる!!

 

この見た目も変えると言う意識・・・

 

素晴らしいでしょう。

 

やっぱイケメンは仕事が出来るように見えるし、実際そうであることが多いと思いませんか?

 

田口隆祐もそこに行き着いたのかも・・・

 

もっと言うと・・・

 

これはタカタイチマニアに向けて、あべみほさんを本格的に意識しているのかも?

 

これまであべみほさんに意識を向けてきた選手はあまりいなかったのですが、田口隆祐だけは違った。

 

そう言えば前回のタカタイチ興行でイイカンジになったとかならなかったとか・・・

 

なんにせよいいんです。

 

「男はバカだから」は世の中の男の心理の大半を占めているもんなんだから・・・

 

これまで新日本プロレスのリングでは見られなかった、ディーヴァを巡る闘いに発展する可能性もありますよ。

 

これでベルトを獲ればどんな理由であれ、まさにカッコいいですよ。

 

IWGPジュニアタッグ王座における名タッグチーム・アポロ55時代、田口隆祐は結構かっこいい感じだった。イケメン枠というか・・・

 

その田口隆祐が帰ってきたんじゃないでしょうか!?

 

アポロ55時代と言えばゴールデン☆ラヴァーズを相手にした試合はプロレス大賞ベストバウトも受賞した。

 

この時のメンバーは

  • 飯伏幸太
  • ケニー・オメガ
  • プリンス・デヴィット(現フィン・ベイラー)

 

そうそうたるメンバー。

 

プロレスラーとして燃えていない訳では無いはず。

 

ただ田口隆祐は「周りが見えている」故にここ数年は少し抑えてきた・・・抑えすぎてきたんじゃないかな?

 

それがニュージャパンカップで変わったのでは無いでしょうか?

 

チャンスを掴む感覚・・・それに加えて「周りが見えている」スキル。

 

レスリングどんたくシリーズ後半戦はタイチとからむ場面が増えるし、ベスト・オブ・ザ・スーパージュニアを意識するようなマッチアップもある。

 

【絶好調】の田口隆祐、アンダーカードに組み込まれていても侮ってはいけないですよ。

 

 

では、ありがとうございました。

 

 

© fujiharaarmber