俺の島流しプロレス生活:富士原涼

新日本プロレスについての記事が主ですがインディー含めプロレス”界”について時にこってり話します。

夢をこちらに寄せてくる現象を体現してくれている内藤哲也!カープファンリレー映像|新日本プロレス

をこちらに寄せてくる現象を体現してくれている内藤哲也

 

毎年恒例となっているプロ野球・広島東洋カープの応援歌『著名カープファンリレー映像』。

 

祝!!今年も我らがロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン内藤哲也が選出されておりますwww!!

 

おめでとうございますw

 

しっかりベルトを落としてくれたりと新日本プロレスファンも思わずニヤリとしてしまう。

 

しかし内藤哲也・・・

 

広島という街をすっかり自分のフランチャイズとしている・・・

 

自身は東京都足立区出身。

 

広島カープファンということだけをここまで追求してきた結果・・・

 

広島カープファンとして最大級の栄誉と言える公式応援歌映像に名を連ねる。しかも何年も連続で。

 

普段のリング上では大きくは言及しないが、これは「夢」が叶っている状態。

 

いや・・・「夢」を自らの方へ「寄せてきた」というべきか・・・

 

あっ、そういえばIWGPヘビー級王座ですら内藤哲也の方へと寄っていった。

 

この現象・・・

 

もっと体現したいと思いませんか?

 

いや、思うだろう???

 

 

・・・安心してほしい、2019年は「確実に」それを体現できる。

 

 

私がロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン内藤哲也にハマって数年。ずっと思っていることが「確実に」起こるからだ。

 

 

イイですか?

 

 

内藤哲也と広島という街。

 

 

最近の新日本プロレス、広島でのビッグマッチは広島サンプラザホール、シリーズ大会も広島グリーンアリーナの小アリーナで開催している。

 

広島グリーンアリーナ「大ホール」ではここ数年開催されていない。

 

最後に開催されたのが2015年7月26日のG1クライマックス公式戦。vs棚橋弘至。

 

2015年といえば内藤哲也がロス・インゴベルナブレスとして制御不能になった年。

 

この時、内藤哲也に対してはブーイング・・・というか、どうしたらいいか分からないといった反応であった。

 

まぁ、これは広島に限った話ではなかったが。

 

 

あれから約4年、今年のG1クライマックスの広島大会が広島サンプラザホールと発表された。

 

ちなみに昨年(2018年)は広島でのG1クライマックス開催ナシ、秋のビッグマッチが広島サンプラザホールだった。

 

地方開催が減った印象の今年のG1クライマックスの中で広島開催が増えた。

 

なぜか?

 

なぜ今年はG1クライマックスを広島サンプラザホールで開催するのか?

 

秋のビッグマッチが夏にずれただけなのか?

 

いや、違う。

 

 

これは予想なのだが・・・

 

 

毎年秋に行われるビッグマッチの開催が広島グリーンアリーナ「大ホール」なのではないか?と私は予想する。

 

 

・・・これは「昇格」と捉えるべきだろう。確実に。

 

フジハラ・ローの予想では6月の大阪城ホールで内藤哲也のIWGP二大王座同時戴冠が実現する。

 

8月のG1クライマックス、もはやビッグマッチクラスに膨れ上がった広島サンプラザホールで内藤哲也の「凱旋」・・・

 

その一ヶ月後、秋のビッグマッチが満を辞して広島グリーンアリーナ「大ホール」で開催される。

 

今の内藤哲也、そして広島カープの勢いがあれば広島グリーンアリーナ「大ホール」で6千人を集めるのも夢ではない。

 

例年の時期ならプロ野球のペナントレースも佳境・・・いや、もしかしたら今の内藤哲也なら広島カープのリーグ優勝すら「寄せてくる」かもしれない・・・

 

内藤哲也が「寄せてくる」広島の磁場・・・

 

その中での「大合唱」・・・

 

とんでもないものが見れると思いませんか!?

 

アナタもそう思いません?

 

これまでのプロレスの常識では考えられなかった風景。

 

ある程度の大盛り上がりに慣れてしまっている今の新日本プロレスファンですらも「引く」ほどの風景・・・

 

 

・・・楽しみになってきたでしょ?マジでwww

 

 

もしこれが実現したならばフジハラ・ロー的にはあの2016年4月10日の両国国技館以上のモノが見れると思っている。

 

そこにあるものは「想定外」のモノ。

 

あの両国もそうでしたよね?

 

前日まで他団体に出場していたSANADAの乱入からのIWGPヘビー級王座奪取。

 

「想定外」が生み出した大爆発。

 

あれ以上のモノが見れるとなれば注目せずにはいられない。

 

そうなれば広島での超ビッグマッチが確固たるものになる可能性もある。

 

5月の福岡国際センター、6月の大阪城ホール、9月の神戸ワールド記念ホール、10月の両国国技館に継ぐ広島における超ビッグマッチのレギュラー化。

 

それを内藤哲也というレスラー1人の力で実現するといっても過言では無い状況になる。

 

かつて1人のレスラーが完全にホームになる大会場の風景があっただろうか?

 

まさにこれまでのプロレスの常識では考えられなかった風景。「引く」ほどの風景・・・見れますよ。確実に!

 

言いましたからねw

 

 

最後に

 

広島カープの『著名カープファンリレー映像』。

 

まさに著名な方々が並んでました。

  • 八嶋智人さん
  • チュートリアル徳井さん
  • 槇原敬之さん
  • 風見しんごさん
  • アンガールズの二人

 

その中に内藤哲也というプロレスラーが並んでるというだけで・・・なんというか嬉しくなりましたwww

 

この嬉しい気持ち、私だけじゃ無いはずです。

 

「あー!やっぱ内藤がやってくれた!」

 

ここでもニヤニヤが止まりませんでしたwww

 

やはりこの男はレベルが違う。これは別の人か・・・

 

 

 

では、ありがとうございました。

 

© fujiharaarmber