俺の島流しプロレス生活:富士原涼

新日本プロレスについての記事が主ですがインディー含めプロレス”界”について時にこってり話します。

ジュース&デビットの『ライフブラッド』の日本ローカライズ版が見てみたい!!

アメリカROHとの共同開催ミニツアー『HONOR RISING:JAPAN 2019』。2連戦が終わりました!

 

見所がいい意味で分散されていて、ファンの数だけ注目ポイントがあるようななかなk興味深い2連戦だったと思います。

 

皆さんはどの試合/どの選手に目が行きましたか??

 

ジョナサン・グレシャム  いいですね!!あの『英国一性格の悪いテクニシャン』ザック・セイバーJr.をかなりイラつかせてくれたのは痛快でしたね!!

そしてそのZSJは試合後コメントを見る限りかなりキテるので(ジュニアを軽視した発言は私的にムカつきましたねー)、今後さらに”化ける”予感がしました。

 

当のグレシャムはこの2連戦で行われた”査定”は合格だったのではないでしょうか?昨年のNJC覇者のZSJとあれだけ渡り合えたのですから、このままジュニア戦線のレギュラーの座を勝ち取りにいく権利は与えられたと思いますね!

 

 

新生キングダム  気持ち悪かったですねー。マット・テイヴェンってこんなんなったんだ?っていう感想。新日本との噛み合わせはどのユニットと対峙してもいい試合になりそうな予感がしました。6人タッグ王座の防衛戦も4.6MSGにて新日本相手にやって欲しいです。

 

『ユニット名』という命を吹き込まれてホンモノになった2人

 

様々な掘り出し物が出て来たそんな中、私が最も注目したのが!

 

自分でもかなり意外だったんですが、、、

 

 

ジュース・ロビンソンデビット・フィンレー”ライフ・ブラッド”!!!

 

 

意外でしょう!?

 

いつもマニアックなとこばっかり突くフジハラのこと、どうせチーズバーガーとか言うんだろ?とか思ったでしょ?!

 

いやー、自分でもびっくりしましたよ。まさかジュース&デビットが『ユニット名』という命を与えられてこんなにも魅力が増すなんて!!

 

私の中でジュースは会場人気が高い”だけ”の賑やかし要因、デビットはそのお供。要は『便利屋』という扱いだと思ってたんですよ。マジ失礼。

 

昨年の後期あたりからは実力も上がって来て、2019年にはIWGPタッグ戦線にも加わるかな〜、くらいに思ってたんです。防衛回数稼ぎに。マジ失礼。

 

ROHの本国アメリカにて新ユニットも結成してたのは情報としては知ってたくらいで、特に気には留めてなかったのですが。。。

 

こんなにも魅力的なタッグチームとして帰ってくるなんて、かなり嬉しい誤算でしたね!!

 

正直今回のタッグ王座戦2試合、試合順逆やん?と思ってたんですが、これでよかったですもん。ブリスコブラザーズの実力あっての部分もありましたが、『世界タッグチーム王座戦』の名に恥じない名勝負でした。

 

『ライフ・ブラッド』の国内本格進出はあるか!?

さてこの『ライフ・ブラッド(Lifeblood)』、ジュース、デビット以外のメンバーは?

  • バンディード
  • マーク・ハスキンス
  • トレイシー・ウィリアムズ
  • テニール・ダッシュウッド

 

、、、アカン。ドラゲーに来ているバンディード以外知らん、、、!!

 

マーク・ハスキンスはドラゲーvs大阪プロレスの対抗戦メンバーにもなってるみたいなんですが覚えていませんでした。

 

他の二人は名前も知りません。勉強不足だー。

 

そしてどうやらROHにおいてこの『ライフ・ブラッド』、ヤングバックスやハングマン・ペイジらThe Elite勢の穴を埋めるべく集まったというイメージがあり、印象としてはどちらかというとケイオスに近い立ち位置のようです。

 

国内においてもエリートの代わりと言ってはなんですがフルメンバーでの来日を期待したいんですが、バンディードはドラゲーとの契約もあるし、フルメンバーはいささか難しいところもあるかもしれません。。。

 

なら!!

 

『ライフブラッド・ジャパン』結成に大いに期待!!

 

かつて蝶野正洋スコット・ノートンらとnWoジャパンを結成したように、内藤哲也がロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンを大成功させたように、『ライフ・ブラッド』の国内ローカライズ版の結成なんていかがでしょう!?

 

ジュース&デビットは日本において もはやホームといえる人気・支持率を誇っています。

 

皆さんもジュースの入場なんてめちゃくちゃテンション上がって応援してますよね?

 

デビットもヤングライオンと同等のような期間もあったので、全くどこから来たかわからん外国人レスラーより応援したくなる要素が多いです(私はこれまであまり応援してこなかったですが汗)

 

ここに生粋の日本人メンバーが加わったら、ここしばらくやや停滞気味のユニット抗争に新しい流れが生まれると思うんです。

 

では重要なメンバーですが。

 

 

誰がいいと思いますか?

 

私は決まってるんですよね。もうそろそろ!って2人が。

 

皆さんも気づきませんでしたか?このROH合同2連戦で、今までと明らかに”格”が変わった試合をした二人。

 

 

海野翔太成田蓮!!

 

 

初日の2.22にてこの2人のシングルマッチが組まれていたのですが、その2試合

  • 成田vsマーティ・スカル
  • 翔太vsザック・セイバーJr.

私はチャレンジマッチ的なカードだと思っていたのですが、二人とも普通に”イチレスラー”として試合を成立させていたのに驚いたんです。

私はヤングライオンという”格”が外されたと思いました。事実上の『ヤングライオン卒業マッチ』だと感じました。

 

今の新日本は昔ほどヤングライオンの試合数が多くないのが現状ですが、それでも経験不足さを感じさせないのがさすがと言ったところでしょうか。

 

二人とも今年でキャリア丸3年になります。ここしばらくの新日本は海外遠征→ヒール化して帰国というパターンが多かったですが、綺麗なままの若手新メンバーがユニット入りする風景も面白そうじゃないですか?

 

今回の2連戦で一気に見る目が変わったこの4人、私は純粋なベビーフェースユニットとして上り詰める風景が見たいなぁと思ったのですが、どうでしょうか?

 

 

 

なんにせよ今まであまり興味がなかったジュース&デビットが好きになって嬉しいですね!やはりなんだかんだ言って新日本は層が厚い!!

 

これからも旗揚げ記念日、そしてNJCとMSGに向けて加速していくことでしょう!!

 

 

ではまた書きますね。

デビットが負傷したのかな?心配です。

 

© fujiharaarmber