俺の島流しプロレス生活:富士原涼

新日本プロレスについての記事が主ですがインディー含めプロレス”界”について時にこってり話します。

祝え!新日本プロレスに新たなる歴史を知ろしめす新時代の王者。その名もスイッチブレード ジェイ・ホワイト。まさに誕生の瞬間である。

タイトルで仮面ライダー好きがバレてしまいましたねw。

 

さてTHE NEW BEGINNING in OSAKA 、終わりました!

 

大きな事件は

  • 飯伏幸太の復帰宣言
  • ジェイ・ホワイトのIWGPヘビー級王座奪取

でしたね。

 

今回はジェイのIWGPヘビー級王座奪取についてお話ししましょう。

 

見事に半分に割れていたように見えた戦前の予想&願望

 今回のIWGPヘビー級戦は、ものの見事に『どちらが勝つか』という”予想”と『どちらに勝って欲しいか』という”願望”が二つ(四つ?)に別れていたかのように思えます。

 

ちなみに私は『棚橋が勝つ』という”予想”でしたが『ジェイに勝って欲しい』という”願望”がありました。

”予想”は外れましたが”願望”は叶ったんですね。複雑ですw。

 

今回のIWGPヘビー級戦においての客層は、棚橋ファン、アンチ棚橋、バレットファン、アンチバレット、アンチジェイ、、様々なファンの方達がいたと思いますが、その中で『ジェイファン』というのはまだあまり多くなかったのではないでしょうか?

 

そんな状況の中、予想と願望を五分五分まで持って行けたのは、多数のファンの『あのレインメーカー・ショックのインパクトをもう一度味わいたい』や『スイッチブレード・ショックをこの目に収めておきたい』といった”野次馬願望”のような感情から来たものだと思います。

 

いいですね。みんな事件大好きですもんね!!

 

 

”レインメーカーショック”は超えたのか?

 

私個人は”レインメーカー・ショック”を現地で見ていたので、あの時の絶望感(笑)は何があっても超えないだろうと思っていました。

 

そもそも、私は”スイッチブレード・ショック”は既に進行中だと思っているクチですし。

 

でもおそらく今回のIWGPヘビー級戦が”スイッチブレード・ショック”として正史に刻まれることでしょう。

 

では今回の”スイッチブレード・ショック”は”レインメーカー・ショック”を超えてきたのか?という部分ですが。

 

私はインパクトという意味では及ばなかったが、それでも結果が出た時には思わずテレビ前で声が出たし、新時代NEW ERAが来たな!という希望に充ち満ちた感情が湧いて来ましたね。

 

それでもフィニッシュはハイフライを受け止めて、、まさに『棚橋=2010年代の新日本の象徴』を全て受けきってのブレードランナーというおそらく今回限りの大技で決めたのは十分『スイッチブレード・ショック』と呼ぶに相応しいインパクトでした。

 

戦前散々食らわせた正調式ブレードランナーでもなく、今シリーズに開発したTTO

でもなく、あえてあの状況でハイフライを受け止める、という機転と体力。

 

私はジェイがチャンピオンになったのは面白いと思うけどなぁ。

 

 

こちらも見事に半分に割れているように見えた試合終了後のファンの声

私は今回も新日本プロレスワールドにて観戦、リアルタイムにてツイッターを見ていたのですが、メイン終了後の今回の結果についても ものの見事に別れていたと思うんですよ。

 

素直に新しい時代に遭遇できたという声。

 

単純にジェイが勝ってくれて嬉しいという声。

 

一方、棚橋が負けて悔しい 悲しいという声。

 

 

中には『しばらく新日本は見なくていいかな』なんて声も。。

 

様々な声がありました。この声の、、、なんていうか『声圧』と言いますか、、そういうものは先のIWGPインターコンチネンタル戦の内藤vsタイチには無かったと思うんですよ。

 

やはり新日本の至宝はIWGPヘビー級王座なんだな。って改めて思いました。

 

 

『勝負論』を逆手にとって応援すればいい。

 

先の『しばらく新日本は見なくていいかな』って仰っていたファンの方は棚橋ファンなのかな?アンチジェイなのかな?アンチメイ(社長)なのかな?

 

けどこの結果に不満があるなら”見ない”という選択肢も無くはないんだけど、、仮に棚橋ファンなんだとしたら、シンプルに棚橋を応援すればいいんじゃないですかね?

 

あくまで勝負の世界。プロレスは勝負の世界なんです。結果が全て。今この段階では『ジェイが”強かった”んです』。

 

私は最近ちょっと勝負ということに鈍感になっていたのですが、私の兄貴・秋岡清文氏がムチャクチャ良いことを記事にしてらしたのでご紹介します。

 

私はこの記事を読んでちょっと泣きそうになってしまったんですが。

 

 

 

そう、結果が全て。ボクシングのくだりなんかは実にわかりやすいです。

 

ちょっとここからは秋岡兄貴の意見の底の部分を刮ぐというか、少しメタメタしくなってしまう話なんですが、、

 

 

今回ジェイが棚橋に勝った。

 

今回ジェイは棚橋より強かった。

 

その意味をもう少し考えてみてください。

 

納得できないのであれば、、、

 

 

棚橋を応援すれば良い。

 

 

その声を広げていけば、棚橋はきっと”強く”なるし、ジェイにも、メイ(社長)にも棚橋は”勝つ”と思うんですよね!!

 

そこはボクシングや他のスポーツと違うところ。我々の声で動くかもしれない可能性を秘めているのがプロレスなんです。

 

我々の声がレスラーを”強くする”。私はこれがプロレスにしか無い勝負論の行き着く先なんじゃ無いかと思っています

 

 

私は今回全てにおいてジェイは”強かった”んだと思うし、棚橋が”弱かった”。それがこの結果になっただけだと思いました。

 

だから私は素直に新しい歴史を刻む新チャンピオンの誕生を素直に祝福したいと思います。

 

実は最近空き家が出来まして、、、

 

と、少し強めの意見を言ったものの、賛否両論があって然るべき結果が多かった今年のTHE NEW BEGINNING in SAPPORO&OSAKA、結構アタマ使いましたねー笑。

 

ジェイに関しては完全に好き嫌いが出ちゃうキャラクターなので、ここは本当にあの人にベルトを奪還してもらうことを期待しましょう!!

 

しかし、実はジェイがチャンピオンのままみんなに好かれる方法も無くはないんですよね。

 

一夜or二夜明け会見で、ジェイが

 

「今までごめんね。これからはチャンピオンとしてみんなのために頑張るよ」

 

なんて言ったらどうです?

 

そう、タマ・トンガが放棄したグッド・ガイをジェイが継ぐのです!!

ちょうど空き家になっていますよね??

 

 

どうです?みんな手のひらを返して応援するでしょw??

 

正直ちょっと期待してるんですけどね。まぁ、妄想妄想。

 

 

次期シリーズからも見逃せない闘いが多そうです!!2019年も新日本プロレスは面白い!!

 

 

 

ではまた書きますね。

それにしても大阪決戦のタマちゃんは悪すぎましたね。アリーナ席のお客さんはこれから要注意ですね!

 

© fujiharaarmber