俺の島流しプロレス生活

新日本プロレスについての記事が主ですがインディー含めプロレス”界”について時にこってり話します。

新日本プロレスワールドに入れて欲しい試合

 

今回は単刀直入ですね。

 

皆さんは新日本プロレスワールドに入れて欲しい試合はなんですか?


私は昨年(2018年)のG1クライマックスを全戦追うために新日本プロレスワールドに加入しました。妻を説得するのに1年くらいかかりましたねー!

 


いやー、心から加入してよかった!!

 

 

ライブ配信はもちろん最高です。私は『現地観戦は見やすい席より熱い席』を取ることが多いので、見やすくてリアルタイムというのはこの新日本プロレスワールドに頼ってますね。

最近はワールドリアルタイム観戦しながらツイッターでつぶやくのも楽しみの一つになっています。

 

過去のアーカイブも豊富でめちゃくちゃお得ですよ!!

Amazonプライムビデオで配信されている『有田と週刊プロレスと』の番組内で話題に上がってる試合をすぐに追えるなど有効的な使い方もできます。

自分がプロレスファンになる前の試合だった1995年10.9東京ドームの新日本vsUインターの対抗戦なんかは新鮮でしたねー。

 

権利上の関係などで、入場シーンが丸々カットされていたりするのが残念です(個人的には2000年の1.4東京ドームで行われた蝶野正洋vs武藤敬司)が、新日本プロレスファンなら、是非加入することをオススメします!

 

 

 

今回のテーマ『新日本プロレスワールドに入れて欲しい試合』。言い換えると、『もう一度この目で見ておきたい試合』とも言えるんですよね。

 

新日本プロレスワールドの豊富な過去アーカイブを漁って色々な懐かしい試合を見てみると、当時凄いマッチアップだったはずなのに、今見ると案外しょっぱい試合やん?って思ったりするんですよね笑。

 


さてこの試合はどうか、、、

 


私が新日本プロレスワールドに入れて欲しい試合。

 

(新日本プロレスワールドさん、リクエストとか受け付けてくれませんかねーー??是非!お願い致します!!)

 

2001年4.20、後楽園ホールにて行われたIWGPジュニアヘビー級選手権試合、王者・田中稔に当時大阪プロレスに所属していた村浜武洋が挑んだ一戦です!


正直、YouTubeに試合映像は上がっているのですが史上最悪とも言える画質だったので3秒で観るのをやめました笑。

 

2001年当時ですから、高校一年生ですかね?懐かしい。。

 


関西圏に住んでいたこともあり、当時 大阪プロレスを結構応援していたんですよ。

この前年の2000年10.9東京ドーム大会の獣神サンダー・ライガーvsスペル・デルフィンの試合を皮切りに新日本ジュニアvs大阪プロレスの対抗戦が開戦したんです。当時のワールドプロレスリングは1時間枠だったので、ジュニアの試合も毎週放送されていたのでこの対抗戦も追えていたんです。

 

バリバリメジャー感を押し出す新日本ジュニア勢に対して旗揚げしてまだ2年ほどのローカル団体・大阪プロレス。一見噛み合わない組み合わせですがなかなか白熱した対抗戦になったんです。

 

その中で一際燃えていたのが村浜武洋。シュートボクシングやK-1軽量級で活躍していた選手ですが、大阪プロレスに入団、異様な速さでプロレスに順応していき、プロレス大賞新人賞も受賞するほどの選手になりました。

 

お互いの団体を行き来する数度の対抗戦の末、村浜はついに大将戦とも言えるIWGP戦に漕ぎ着けたのです。

 

村浜は大阪プロレス内では格闘技の経験を生かした無双状態でかなり強かったのですが、バリバリメジャーの新日本のIWGPに挑戦なんてまぁ無謀だなぁ といった見方が大半の中、、、

 

田中稔をことごとく追い込んだ記憶があるんですよね!

 

村浜は格闘技界ではかなりの実力者だったのですが、まさかプロレスの試合でここまで盛り上がる試合をこなすとは思いませんでした。

今でわかりやすく例えると那須川天心が道頓堀プロレスで修行してウィル・オスプレイとNEVER無差別級でめちゃくちゃ面白い試合する感じですかね?

 

 

この当時、チャンピオンの田中自身もバトラーツから移籍してきてまだ2年ほどだったはず。当時はまだメジャー/インディーの垣根が今よりハッキリしていたんで、この二人のシングルマッチが後楽園のメインで行われてたのって今考えると凄いことなんですよね。


二人とも今現在は新日本とは距離を置いているんで、試合映像アップの実現は難しいだろうなぁ。マニアックだし新日本側にメリットないでしょうし笑

 


今思い出しました。この試合がメインで、セミはエル・サムライvsスペル・デルフィンのシングルマッチだったはず!

そっちの方が色々難しいだろうなぁ笑。


当時の新日本ジュニアと大阪プロレスの対抗戦、燃えたなあ。。。

 

 


こういうふうに色々な思い出がたくさん出てくるからプロレスは長く見ているとトクなジャンルですよね!

 

 

これからずっと見続けていると、いつか「今のロスインゴ旋風が懐かしい!」と言える日が来るんだろうなぁ。

 

プロレスファン同士で新日本ワールドの過去アーカイブを見ながら語らい合うなんてのも楽しそうですね!ぜひやりたい。

 

さてどうでしょう!?月額999円でもっと新日本プロレスが楽しめる新日本プロレスワールド、田中稔vs村浜武洋戦はまだ未収録ですがぜひ加入してみてはいかがでしょうか!?

 

© fujiharaarmber