俺の島流しプロレス生活:富士原涼

新日本プロレスについての記事が主ですがインディー含めプロレス”界”について時にこってり話します。

AEWという”クロフネ”

AEW。ALL ELITE WRESTLING(オールエリートレスリング)。

 

今プロレス世間を騒がせている新団体、ヤングバックスCodyハングマン・ペイジクリス・ジェリコの参加は決定しているみたいですね。

 

おそらく、ケニー・オメガも合流するのかな?

 

2018年まで新日本プロレスでバリバリトップで活躍していた選手がごっそり抜けてしまうことになるので、かなり痛手になりそうですよね。

個人的には、ハングマン先生には鈴木みのるとの抗争をはじめ、シングルタイトル戦線への参入が期待していただけに残念です。

 

このメンツだとWWEから見ても脅威になるのでしょう。まさに”黒船来襲”です。

※”黒船”という表現は極めて日本語的でロマンチックな言い回しなので海外ではこうは言わないらしいのですが。

 

なんでもこのAEW、オーナーのシャヒド&トニー・カーン親子がとんでもなく目ん玉飛び出るストロングスタイルの金持ちらしくて、父シャヒド氏の純資産なんかは76億ドル(日本円で約8200億円)とのことです。

 

この潤沢な資金を元に、これからも世界各国のレスラー・スーパースターを引き抜いて行くでしょう。また、契約した選手に対する待遇も良いものらしく、その辺りもお金があってこそ為せるのでしょう。

 

 

この感じ、って。

 

あの、すいません、1990年以前からプロレスを見ていた諸先輩方にお伺いしたいんですが、

 

”この感じ”って

 

『メガネ』のときみたいな感じなんですかね???

 

 

 

 

『メガネ』というのはメガネスーパー、そしてそのメガネスーパーがオーナーとなり設立されたSWSのことです。(長州力はSWSのことをまんま『メガネ』と呼んでたそうです)

 

当時の日本プロレス界にあらわれたとんでもない黒船。それがSWS。

噂では(エースの天龍には)トッププロ野球選手並みの年俸が支払われていたとか。

 

私はプロレスファンになったのが1999年なので、リアルタイムでSWSの事は知らないんですが、当時はどちらかというと否定的な意見が多かったと聞きます。事実、約2年で崩壊したみたいですし。

 

当時とは時代も違いますし、海の向こうアメリカでの出来事ですし、一概に比べることはできないですが、『すごいお金持ちがスター選手を引き抜いて新しい団体を興す』という意味では近いものがあるのかな?と思ったんです。

 

正直、今回新日本から離脱してしまう選手がいるのは残念ですが、割と単発で参戦していた選手が多いので、あまり『やられた!』という印象はないんですよね。

 

なのでちょっと想像(妄想)して見ました。

 

今、例えば(わかりやすくお金を持ってそうな企業様で勝手に想像しますが)楽天

がプロレス団体興すぞ!!

各団体のエースクラスをかき集めて、そうですね、新日本から棚橋・真壁・ヒロム、全日本から宮原・諏訪魔、ノアから丸藤・杉浦、大日本から関本・岡林・大地、DDTから竹下・HARASHIMA、、、

 

ん、面白そうじゃないですか?

 

選手には高額な年俸が支払われて、生活が豊かになる。プロレスラーになりたい!と思える有望な若者がアマチュアスポーツ界からも出てくる。楽天プロレス(仮)vsAEWの超豪華ビッグマッチが東京ドームで見れてファンも大満足!

 

すいません、こんなこと、夢ですね。。。

 

 

けど、今の時代にSWS的な超お金持ちオーナーが新団体設立!!というような流れは、『新日本一強』になりつつある今のプロレス界に面白い話題を振りまきそうだけどなぁ。

 

誰かやってくれへんかなぁ。

 

 

もう少し、考えて見ました。

 

現実問題、自分がめちゃくちゃお金を持っている会社の社長で、社員の同意も得られた(多分そこが一番ネックになりそうですねw)として、そんなことするかなぁ。。

 

いや、するとしたら一つの団体を買いとり、せいぜい一人二人ほかから引き抜いてくるくらいにして、その団体のもともと持っているチームワークを元にそこを大きくして行くかなぁ。。

 

バラバラでお金を元に集まっただけのチームより、今一丸となって自分の団体を大きくしようと意志を持っている所に”投資”したいなぁ。。

 

 

 

そうなんです。チームワークに対する投資なんですよね。

 

AEWも、もともとThe Eliteとしてチームワークはバッチリなんですよね!

 

SWSの崩壊の原因も、天龍派閥とそれ以外での関係悪化・待遇の違いが取り糺されています。

 

ただ単にお金にモノを言わせているだけでなく、The Eliteというチームに未来を感じたからこそカーンオーナーは投資をしたのでしょう!

 

プロレスにそれだけお金を注ぎ込んで(投資して)くれる人、つまりはプロレスが大好きな人でしょう。何がダメになる原因などはビジネス嗅覚として持っているはずです。

 

今回のAEWは『メガネ』にはならないでしょう!近い将来、新日本と『ビジネス』をしに日本に”帰って”来てください、待ってますよ!

 

 

 

さて、日本国内のお金持ちのプロレスファンの方、今のプロレス団体は皆良いチームワークを持ってます!ぜひ『投資』して見ませんか?

 

© fujiharaarmber