俺の島流しプロレス生活

新日本プロレスについての記事が主ですがインディー含めプロレス”界”について時にこってり話します。

クッシー、またね。

KUSHIDAが新日本を退団すると発表しました。

 

 

SMASHから移籍してきて、IWGPジュニア、同ジュニアタッグを何度も獲得。間違いなく新日本ジュニアの中心選手でした。

 

個人的には、特に好きにはならなかった選手ですが、ひとつ、入場テーマはめちゃくちゃ好きでしたね!カッコよかった!

 

おそらく『アッチ』に行くのかな?軽量級ディビジョンでの活躍になるのか、はたまたプリンス・デヴィットのように世界タイトル戦線に参入したりして。

 

 

なんにせよ、頑張ってきてください!

 

 

 さて、新日本プロレスにおいて、KUSHIDAはただ単にジュニアの中心ってだけでは無かったです。

 

私が思うに、最も『ちびっ子人気』が高い選手ではなかったでしょうか?

 

 入場時につけているペンダントを客席のちびっ子にプレゼントする瞬間、KUSHIDAコスプレをしているちびっ子の頭をナデナデする瞬間、自分が付けているアイシェードをつけてあげる瞬間。

 

ちびっ子の本当に嬉しそうな顔、そしてその周りのみんなの『良かったねー』という幸せそうな顔。

 

私自身、現地観戦ワールド観戦問わず、この瞬間が見れたとき、とてもあったかい気持ちになっていました。

 

 

そんなちびっ子たちのヒーローがいなくなってしまう。

 

さぁ、『空き家』が出来ましたよ。

 

このまま、この『空き家』を棚橋に独占させてはもったいないぜ?

 

この『空き家』に誰が入るのか、楽しみですね!

 

 

グッドガイ宣言をしたタマ・トンガが有力かな?

 

 

『ちびっ子には優しい怪獣ガメラ』みたいなのも悪くないでしょ?ファレさん、ランスさん。

 

 

このチャンスを選手には逃して欲しくないですね。

 

 

さて、新日本プロレスは、この数年で見事に女性ファンをつけることに成功しました。

 

次に増やすべきファン層/ターゲットは『ちびっ子』。なにせちびっ子達は未来の塊です。

 

内藤BUSHIが『プロフェッショナル 仕事の流儀』で広島の小学校を訪問していたときのあの子ども達の笑顔。内藤も『この中から新日本に憧れてくれる子どもがいてくれたら』と語ってました。

 

 『1億円プレーヤーを作る』夢の持たせ方も正解です。

けど、単純に『カーーックイイ!』って思わせてくれるプロレスラーが憧れの的となる。そういうかたちも良くないですか?

 

 

新日本以外の団体では直接選手が売店に立ってくれ、グッズにサインをしてくれる事も多いです。ドキドキしながらサインを待ってるちびっ子ファンの姿を見るとどうしようもなく応援したくなります。

 

 

今の新日本ではファンとの距離感的になかなかそういう接し方は難しいですが、KUSHIDAのやっていたような手法ならちびっ子ファンたちを笑顔にしてあげることができます!

 

 

その子が、次の大会に友達を連れてきてくれたらもう言う事はないですよね?!

 

 

自分で貯めたお小遣いやお年玉を握りしめてTシャツを買って大声で応援してくれるちびっ子ファン。我々大人ファンは彼達の応援の応援をしなければ!

 

 

 

 

大切なことを気づかせてくれたKUSHIDA、いや、クッシー!ありがとう、またね!!

 

☆1.29追記

KUSHIDAの壮行試合、新日本プロレスワールドで観戦しました。

満員の後楽園ホール。あれだけの歓声。KUSHIDAには決して忘れて欲しくないですね。正直なところを言うと、ジュニアのドリームタッグマッチが見たかったのですが、ヒロムもオスプレイもいないから仕方ないですかね。

 

アメリカでは軽量級のフィールドで闘うのでしょうか?個人的にKUSHIDAのベストバウトは2015年のベスト・オブ・ザ・スーパーJr.決勝のカイル・オライリー戦だと思っているので、再戦ができたら嬉しいかな、と。

 

最後の解説にライガーさんが居たのもよかったです。KUSHIDA、最高最強の新日本ジュニアの日本人からそっちに本格的に行くのはあなたが初めてなんだから頼んだぞーー!!行ってらっしゃい!!

 

 

© fujiharaarmber