俺の島流しプロレス生活:富士原涼

新日本プロレスについての記事が主ですがインディー含めプロレス”界”について時にこってり話します。

青春の忘れ物

 先の1.4東京ドーム。

 全10試合の中で最も予想外だった試合。

 

 

オカダ・カズチカvsジェイホワイト

 

 

勝者のジェイはIWGPヘビーに挑戦表明。

ある意味IWGPヘビー級ナンバーワンコンテンダーマッチと言える試合だったのかな?

オカダはIWGPヘビー戦線からは1歩後退といったところですかね。

 

 

ではオカダの2019年はどうなるのか?

 

 

IC?NEVER?

 

 

うーむ、どれもちがうなー。

 

 

 

ちなみに、ジェイに連敗したことでオカダの価値は下がりましたか?

 

私は下がってないと思います。

 

オカダも『勝った負けたでプロレスをしていない』レスラーなのかも。

 

 

 

に、してもまったくタイトルに絡まないなんてことはありえないとおもいます。

『レインメーカー仕様』も戻ってきましたし。

 

 

ここからは私の願望なのですが。

 

 

1つありますよね。

 

 

オカダの『青春の忘れ物』

 

 

そう!

 

 

YOSHI-HASHIとのIWGPタッグ!

 

 

 

現王者EVIL&SANADAは『タッグの価値をメインイベントレベルにする』と豪語しています。

 

このマッチアップなら、ビッグマッチのメインイベントでもなんら遜色無いとおもうのです!

 

 

IWGPタッグ・同ジュニアタッグとも、数年前はまさに『ガイジン天国』でした。

 

しかし、ここ最近『流れ』が変わってきてます。

 

現在のジュニアタッグ戦線は主要チーム全員日本人ですよね。

 

ヘビー級タッグ戦線も、ヤングバックス離脱のうわさ、G.O.D タマ・トンガの”グッドガイ”(路線変更)宣言と、『流れ』があきらかにかわってきてます。

 

 

THE NEW BEGINNING in SAPPOROにて行われるタイトルマッチのチャレンジャーチームは鈴木みのる&ザック・セイバー・ジュニアに決まりました。

L.I.Jvs鈴木軍の抗争が続けば、しばらくはこのマッチアップかも知れません。

 

オカダ&YOSHI-HASHIは、YOSHI-HASHIが復帰直後というのもありまだならし運転段階でも構いません。実際、次期シリーズでも組まれる気配は無いですし。

 

しかし、ワールドタッグリーグに出場経験もあり(第一回から第五回まで連続出場)、GHCタッグ挑戦経験もあります(このときはメインイベント)。チームとしてはなにも不安要素はないのです!!

 

来年の東京ドーム然り、ビッグマッチの2DAYsが今後増えてくるのだと思います。

現に2月の札幌大会、5月の福岡大会は2DAYsです。しかし、カードを見てみると初日・2日目にややバラツキがあるように思えるのです。

 

『タッグの価値をメインイベントクラスにする』と言うよりは

『メインイベントクラスのカードをもっと増やすためにタッグの価値を上げて』欲しいんです。

 

 

ウニウニイクラタッグ、私はもういいですかね。

2019年はオカダ&YOSHI-HASHI!!お願いします!!

 

 

 

 

 

『YOSHI-HASHIのパートナーは俺だ!!』とか言ってどっかの殿が横槍入れてきませんように、、、!!

 

 

 

© fujiharaarmber