俺の島流しプロレス生活

新日本プロレスについての記事が主ですがインディー含めプロレス”界”について時にこってり話します。

遠征のコツ!〜まいどおおきに大阪編①〜

さて、1.4、終わりました。

 

おもしろかったですねー!!

 

本戦が17時開始の21時終了と、比較的コンパクトにまとまってたのもよかったですね。

 

驚いたのが今年のBOSJ決勝両国開催2020年1.4&1.5東京ドーム2連戦の発表ですよね!

 

しょっぱなから東京ドーム2連戦、、、これは2020年は5月レスリングどんたくの福岡ドーム、6月ドミニオンの京セラドーム大阪開催もあるんでは無いでしょうか!?

 

さぁ、本日の1.5NEW YEAR DASH!!はどうなるんでしょうか!?2020年は1.5もドームなので、何かが起こる1.5後楽園は今年が最後ですからね!!

 

 

…。

 

1.”6”後楽園が追加されたりしてw

 

 

 

さて、昨日から始まりましたプチシリーズ。『フジハラ・ローの遠征のコツ』!

 

第二回は大阪遠征編です!!

 

 

 

 

 私ふくめ、大阪の新日本プロレスファンにとっては1月のファンタスティカマニア(スピンオフというイメージですが)、そのあと2月のTHE NEW BEGINNING in OSAKA

が『プロレス初め』といったところです。

 

 

では、今回は その2つを遠征で観戦予定の方々にも向けて、『大阪へのプロレス遠征のコツ』をお教え致します!

 

 

基本的には前回お話した手順です。より細かく説明していきたいところですが、、、 

大阪編は、まず、0.『チケットを取る』という手順を追加したいと思います。

 

と、言うのも、最近新日本プロレスの興業はチケットが取りづらい、『瞬殺』と言っても過言ではないと言える状況になってしまってます。

 

大阪ビッグマッチの主要会場、エディオンアリーナ大阪第一競技場(キャパ5千人超)でさえも、一般プレイガイドで発売と同時に希望席主が無くなってるなんてことも多いです。

 

実際、私も昨年の11月POWER STRUGGLEは、まず公式プロモーターの新日企画ウェブサイト(花道側が希望できる)が瞬殺→セブンイレブンマルチコピー機でのチケットぴあ瞬殺→ローソン Loppiでのローソンチケット瞬殺→ファミマFamiポートでのイープラスでやっと2階席ゲット という有様でした。

 

こればっかりはファンクラブに入るか、チケット入手のコツを探るしかありません。私もどちらとも探っております!

 

私からは、エディオンアリーナ大阪、大阪城ホール、以前お話した区民ホール系での観戦の際のオススメの座席を紹介致します。 

 

☆エディオンアリーナ大阪

・第一競技場、、、1階ひな壇Aです。2階席からも問題なく観やすいです。けど、ここの会場の場合、1階席と2階席の熱量/温度差がハッキリとしています。せっかく遠くからきたんですから、思い切り声を出しましょう!!『あまり声を出して応援しないなぁ』という方でも、周りの熱さを体感して欲しいです。個人的には、プロレス生観戦の時は『観やすい席より熱い席』をオススメしたいんです。

なお、車椅子の方は1階アリーナがオススメです!

 

・第二競技場、、、フラットな会場なのでどの席からも観やすいです。予算の許す限り良い席を取りましょう!!

 

☆大阪城ホール

2階特別席です。正直なところ、こちらも1階ひな壇を選びたいところなのですが、値段的に倍近く変わってくるので、、、。もちろん予算があるのならアリーナ席系を取るに越したことはないですが、迷った場合には2階席系をオススメします。

 

☆区民ホール系

こちらも予算の許す限り良い席がいいでしょう。自由席と最前列の値段差が2千円しか変わらないなんてこともザラです。ポイントとしては、レスラーへの直接予約(メールやSNSなど)にてチケットを手配してもらう際にある程度の要望(入場口側が良い等)を伝えると案外通ることがあります。

 

 

さぁ、チケットは取れましたね!

 

それでは宿泊 を考えていきましょうか?

 

大阪府は、大阪『市内』と『市外』に大きく別れるのが特徴です。

 

大阪市内は『東京23区』の縮小版 と言えるでしょう。

 

大阪市の端から端まで、電車移動で基本1時間はかからないです。

 

なので、『大阪市内』で探すのが無難だと思います。

 

前回触れなかったのですが、大阪市内も外国人観光客の影響で、なかなかホテルが取りづらいです。

 

 

 

そんな中で、私個人的には、カプセルホテルをおすすめしたいです。

 

 エディオンアリーナ大阪からも徒歩10分くらい、大阪城ホールからだとドアトゥドア20分ちょいくらいのなんば周辺にも何軒かあります。

 

多くは男性専用施設にはなってしまいますが(徒歩10分圏内の近隣で女性も泊まれるカプセルホテル施設もあります)、カプセルホテルに抵抗のない方であれば、立地・値段共にコスパ的に優れていると思います。

 

なんばなら関空へのアクセスも良いので時間をフルに使うこともできますからね。

 

 

あともう一つ、西成区という下町(下町というか、、東京の山谷や横浜の寿町に近いと思ってください。)が多くあるエリアの、いわゆる『ドヤ街』の”ビジネスホテル”は穴場です。

外国人バックパッカーに向けた街に変わってきてますので、ネット上で言われているような危なさも、よほどのことがない限り無いです。個人的には歌舞伎町の方が怖いくらいです。

 

流石に1泊1000円を切るような宿泊所はアレですが、ホテルの数も多く、その分選択肢が多くなるので、選ぶ楽しさもあります。

 

立地的には、『ザ☆大阪』ともいえる『新世界』というエリアに隣接しているので、ステレオタイプの大阪を体感してみたいという方にオススメです。関空へのアクセスも電車1本です。

 

なお、エディオンアリーナ大阪からは徒歩と電車で15分くらい、大阪城ホールからだとドアトゥドア30分くらいです。

 

 

私からオススメとして発信するのは以上ですが、先ほども言った通り、『大阪市内』であればさほど立地的に困ることは無いと思います。予約サイトで見てみて、予算の都合が合えばとりあえずキープ!が良いと思われます。

 

 あ、宿泊者のレビューも参考程度にはチェックすることをオススメします。それが全てでは無いですが、細かい部分で参考になる情報が落ちていたりするので。

 

 

 

 

 

それでは次回(!!)は交通などをご紹介していきます!!

 

 

(オススメグルメまでいけるかな、、、?)

 

 

© fujiharaarmber