俺の島流しプロレス生活:富士原涼

新日本プロレスについての記事が主ですがインディー含めプロレス”界”について時にこってり話します。

”ならず者”に惹かれて

「おまえ、面白くねぇな」

 


こんな事自分の職場のトップや上司に言われたらなんて思いますか!?

芸人でもないのに。。。

 


エル・デスペラードはかつてコメントを出す度に同じ鈴木軍のボス・鈴木みのるTAKAみちのくに『面白くねぇな〜』とイジられていたのです。

 

 

イジられてるとは言ってもケイオスにおけるYOSHI-HASHI後藤洋央紀みたいな、カラッとしたイジられ方ではなく、どちらかと言うと、、、

 


いじめられてる

 


という風に私は捉えてしまいました。

 

 

初登場当初の彼は黒いバラを持ったり、記者の『なぜメキシコ人なのに日本語がぺらぺらなのか?』の問いに『お父さんが日本人だからです』と答えたり、確かに『スベってる』ところもありました笑。

 


新日本マットに登場後、当時のIWGPジュニア王者だった飯伏幸太との抗争やタッグ結成を経て、割と早い段階で鈴木軍に加入したデスペラード。

 

 

 

かなり勇気のいる決断だったと思います。

 

 


今風に言うと『一歩踏み出す勇気』と言いますか。

 

 


新日本所属でありながら、かなり『外敵感』のある鈴木軍に加入する。

 

お客さんからはとてつもなく嫌われる可能性もあったわけですよ。

 

結果として、ブーイングを浴び続ける毎日。

 

主戦場をノアに移してもそれは変わらない。むしろブーイングは増える一方。

 

お客さんからはブーイング。鈴木軍の上司からも『面白く無い』と一蹴される日々。。。

 

 

TAKAみちのくをパートナーにGHCジュニアヘビー級タッグ王座を獲得はしていますが、鈴木軍でノアのタイトルを独占できるほどの状況だったのでさほどのインパクトがあったわけでもなく。

 

 

 

そして新日本にUターン。

 

 


ここで彼は思ったのでは無いでしょうか。

 

 

 

『層の厚い新日本ジュニアに、このままただノコノコ戻って行っては”面白く無いヤツ”のまま埋もれてしまう、、、!』

 

 

内藤哲也がそうだったように、BUSHIがそうだったように、「ここで埋もれては引退しかない」くらいの危機感があった筈です。

 

 


幸い、彼の周りには世界一性格の悪い男もいれば業界有数のマイク力を持つ男もいる。世界一小狡い男もいればジュニア界で最もインサイドワークに長けた男もいる。狂人もいるし最強のタッグチームもいるし世界一のテクニシャンもいる。

 

 


これだけのメンバーに恵まれることもなかなか無いです。

 

 

変わるために色々とメンバーに聞いたと思われます。

そして変わるために盗んで、自分用へと昇華していった。

 

 

結果、ノアから新日本にUターンしてからこの2年ほどのエル・デスペラードは見違えるように変わったと思うのです。

 


ここ一番用のカッコイイ勝負マスクやバックステージでのコメント。最近ではジュニアタッグリーグ決勝前の挑発マイクなんかは新日本所属の選手の中ではピカイチのマイク能力では無かったのでは無いでしょうか?

 

 

クローズアップされにくいですが、金丸義信と保持しているIWGPジュニアタッグ王座も、王者の入れ替わりが激しい同王座において、ここ数年では例を見ない保持期間を記録しています。

 

 


実績面においても普通に『カッコイイ』と思えるレスラーになったと思うのです。

 

 


幸運なことに高橋ヒロムというジュニアにおいて良いライバル関係を築くことの出来る存在も出てきました。

 

 


最近では解説席に座った時にコメントが聞き取りずらい、という難点もありますが、、おそらく彼ならすぐに改善してくれることでしょう。

 

 

 

上司からの『面白く無い』の声に腐らず、拗ねず、成長・進化していった"ならず者"。

 

 


私はこれから自分自身が彼の『ファンになること』を楽しみにしているのかも知れません。

 

 

 

 

 

 

さて、いよいよ明日ですね!!

 

私のTwitterではワールドを観戦しながらリアルタイム呟きをしようと思ってますが。。。やや暗雲立ち込めてきた、、かも。

 

 

© fujiharaarmber