俺の島流しプロレス生活

新日本プロレスについての記事が主ですがインディー含めプロレス”界”について時にこってり話します。

シリーズの概念について

プロレスファンとそうでない人。

 


あなたはどちらですか?

 


おそらく前者だとは思うのですが、では次の質問。

 


プロレスファンではない人から、または最近プロレスを見始めた人から、プロレスに対してどのような疑問をもたれましたか?

 


『なぜ今の技をよけないの?』

『なぜロープに投げられて返ってくるの?』

『今の本当に痛いの?』

 




そういえば自分がまだプロレス"ファン"になる前は同じような疑問を持っていたなぁ。



 


最近で言えば、私事なのですが数年前に結婚しまして、見事に妻をプロレスファンにすることに成功しまして、
それはそれは嬉しいことなのですが、妻にも見始めの頃は上記のような質問をされましたねー。

 

 

大体の疑問や質問には、そこはかれこれ20年近くプロレスを見てきた身。割と難なく返すことも出来、妻も(彼女の理解力の良さにも助けられましたが)すんなり納得してくれましたが、一つだけ、とても返答に困った質問があったのです。

 

それが

 

『シリーズってなに??』


でした。

 

 

あれ?


シリーズってなんだ笑。

 

 

これまで何の疑問も抱かずに『次期シリーズの注目カードはっと、、』とか『このシリーズのヤマ場は○◯体育館のこのタッグマッチだな!』とか『去年の●●シリーズ以来の来日だなあ』とか。。。普通に使ってましたが、

 

あれ?


シリーズってなんだ笑笑。

 

 

新日本プロレスは今では【LORD to 《ビッグマッチのタイトル》】という風に、ビッグマッチありきのシリーズ名
をつけており、とても分かりやすくなっていると思います。

数年前までは確か【サマーストラグル】とか【バトルファイナル】とかシリーズ名がついていましたよね。

 


全日本プロレスなんかは、馬場全日本時代、武藤全日本時代、秋山全日本時代とそれぞれ名称は違いますが、
1年通してその時期のシリーズ名が定着している印象ですね。

 


プロレスにおけるシリーズ。そういや他のプロスポーツにはそれに当たる概念が存在しないんですよね。

 

プロ野球の日本『シリーズ』なんかは名称こそ『シリーズ』ですが、どちらかというとビッグマッチですよね。


Jリーグはシーズン、カップ戦、チャンピオンシップ戦、天皇杯など、見ようによってはシリーズと見れなくも無いんですが、、なんか違いますよね。

 


アーティストのレコ発ツアー、宝塚歌劇団の◯組公演もなんか違う。ボートレースの日程が強いて言うなら近いかな?

 


そもそも全国を行脚しながら日程を消化していく、と言うシリーズの根本のシステムからプロレス独特のものな気もします。

 


近年は都市圏での単発興行が多いプロレス界ですが、ぜひツアーを組める団体様にはこれからもシリーズという概念を守り続けて欲しいです。『シリーズ』というのはプロレスにしか無い文化なのですから。

 

 

 

 


ちなみ私が個人的に好きだったシリーズ名は、初期大阪プロレスの『東北恩返しシリーズ』です。

 

© fujiharaarmber